透析看護師の転職活動 - 成功のためのポイントは?

透析看護師の転職活動で重視すること

透析看護師の方が転職活動を始めると、いろいろな求人情報を見て迷うことがあるでしょう。長い間不況が続いている国内でも、看護師の仕事は比較的求人が多く見つかります。新しい職場に転職した人が、どんな理由でその職場を選んだのか、いくつかのケースを挙げて考えてみたいと思います。

前の職場を辞めた理由を自分でよく把握し、同じような職場を選ばないようにする必要があります。透析看護師の仕事は忙しいことが多いので、勤務時間が長かったり休暇を取りづらいのが不満で辞める人がいます。その場合は当然、余裕を持って働ける職場を転職先として選ぶべきでしょう。

また人間関係で悩んで退職に至った場合は、次の勤務先の職場の雰囲気を重視して選ぶでしょう。透析看護師の人数や平均年齢などを聞いておくと参考になるかもしれません。

あるいは前の職場の仕事内容に不満があった場合や、自分のスキルをもっとアップしたくて転職した場合、次の勤務先での仕事内容をよく調べておく必要があります。

小さいお子さんがいる看護師の方は、育児と仕事を両立できるかどうかをよく確認しなければなりません。院内保育所があったり、近くに職員用の託児所があるところなら、働きやすいでしょう。

ほかにも通勤が便利な所とか、給与や手当てをたくさんもらえるところが良いなど、人によって求める条件は本当にそれぞれです。すべての条件を満たす転職先というのはなかなか存在しないかもしれません。

でも自分が何を一番重視するのかはっきりさせたり、転職先に求める条件の優先順位を付けておくと、納得のいく転職ができると思います。なかなか良い転職先が見つからないと焦ってしまう傾向がありますが、どうせ転職するならじっくり時間をかけて、自分にとって良い勤務先を見つけるようにしましょう。

転職回数が多くなってしまうと仕事が長続きしないように思われてしまいますから、なるべく失敗のないように慎重に行動しましょう。もし転職先選びに悩んで先へ進めなくなるようでしたら、転職サイトのカウンセラーに相談してみるのも良いと思います。

夜勤の少ない看護師の職場は?

看護師としての仕事楽しいものの、どうしても夜勤の負担が大きくて続けられないと感じる看護師もいます。 日勤に加えて夜勤もすることになれば、負担はかなり大きくなりますよね。

まず、転職を考えていてその理由が夜勤の辛さにあるという場合は、上司に相談するのがおすすめです。 夜勤があるのは当然のことだから相談をしてもどうしようもないはず…と思い込んでいる方も多いかもしれません。 しかし、上司にとって最も困るのは、ただでさえ不足している看護師が辞めてしまうことです。

退職を思いとどまってくれるのであれば、残業を減らす対応をしているという職場も多いのです。 特に体力というのは個人差があるものなので、他の同僚が問題なく夜勤をこなしていたとしても、どうしても自分は難しいという方もいます。

他の人が夜勤をしているのに自分だけ回数を少なくしてもらうのは気まずい…という方もいるかもしれませんが、他の同僚からしても止められて人手が少ないことの方が問題であるため、同僚と上司に相談をしてみると良いですね。

ただ、夜勤が辛くて体力の限界を感じていると思っていたものの、夜勤を減らしてもらった後も状態があまり改善しなかったという方もいるようです。

このようなケースでは問題だったのは夜勤ではなく、今の勤務環境だったということも考えられるため、夜勤の回数を減らしてもらえれば必ずしも問題が解決するとは言えないでしょう。

また、日勤のみで働ける職場に転職するというのも一つの方法です。 例えば訪問介護の仕事であれば、看護師としてのスキルアップをしながら日勤のみで働くことができるため、看護師として上を目指したいと思っているけれど夜勤はしたくない…という方にも向いています。

大きな病院だとどこも入院施設があり、夜勤経験が少ない方は評価が低くなってしまうこともあるのですが、訪問看護の経験があればポイントは高くなるため、転職について考えているという方は訪問看護もぜひ検討してみてくださいね。

看護師の前向きな転職理由とは

転職活動をする際に、なぜ前の職場を辞めたのか聞かれることがあります。 その際に、マイナスな理由しか上げられない方も多いです。

特に多いのが人間関係に問題があった、入職前に聞いていた条件と違う、他の分野の仕事に興味が出たというものです。 しかし、このような理由を挙げることは、同じ理由で何度も転職を繰り返す傾向にあります。

当然ながら転職の回数が増えれば増えるほど面接では不利になるため、このような理由で転職を検討している方は、その理由ともう一度向き合ってみましょう。

まず、人間関係の問題についてですが、どの職場でも人間関係の問題というのはついてまわるものです。 1人合わない人がいるからといってすぐに転職するのではなく、自分自身で人間関係を良好にするにはどうすれば良いのか考えてみましょう。

コミュニケーションを取ろうとすることも大切ですし、相手のことを理解するというのも重要なポイントです。

次に、働き始めた頃に入職前に聞いていた条件と現状が違っていたということを退職理由に挙げる方もいますが、これももう少し深く考えてみましょう。

例えば、「残業がほとんどないと聞いていたのに今では毎日のように残業がある」という不満を漏らす方もいますが、入院患者さんの数や業務の忙しさというのは時期やタイミングによっても変わりますよね。 そのため、状況によって変動する残業などに対して不満を抱えるとどの病院でも同じ不満を抱える形になってしまいます。

ある程度の変動は仕方がないと受け入れることも大切です。

最後に、他の分野に興味を持ったという方もいますが、そもそもその職場に入手したということは、もともとはその職場の業務に興味があったはずです。

ただ、思うように仕事が覚えられない、やりがいを感じられないなどの理由から他の分野に興味を持つ方もいるため、まずは今の職場で学べることをしっかり身につけ、やりがいについても自分自身で見つける努力をしましょう。

自分にとって都合が悪い、条件が悪いから転職するというのを繰り返しているとどんどん転職回数が増えてしまいます。